長野県で物件を買いたい

物件種別を選択して下さい。

GUIDE

ご購入ガイド

ご希望エリアの詳細情報をご提供することはもちろん、お客様へ、各種ローンのご紹介や資金計画等もご提案いたします。
また分かりにくい税金や、法律関係もしっかりアドバイスし、お手伝いいたします。


  • STEP.01
    購入のご相談
    購入条件の絞り込みや、物件選びのポイント、資金計画など、じっくりアドバイスいたします。
  • STEP.02
    物件情報のご紹介
    ネットワークを駆使して、ご希望の条件に合う物件を豊富な不動産物件情報の中からご紹介いたします。
  • STEP.03
    現地へご案内
    ご案内の際には、物件や周辺の環境など十分にご確認いただけるようにアドバイスいたします。当日は、ご家族でお出かけになることをお勧めします。また、天候や時間帯を変えてみるのもいいでしょう。
  • STEP.04購入のお申込み
    購入したい物件が決まりましたら、まず不動産購入申込書にご記入いただきます。
    その時点で代金の支払い方法や、引渡し時期、付帯設備など、ご契約条件を調整していきます。
  • STEP.05売買契約の締結
    安心・安全なご契約へ、ご案内します。
  • STEP.06引越し前の各準備
    必要書類を揃えて、ローンの申し込み手続きや、その他入居の為のいろいろな準備をします。
  • STEP.07

    残代金授受・各種申請手続き

    ローンが下りたら残代金のお支払いです。自己資金(手付金以外)と融資実行金で残代金を支払います。
    また、司法書士に登記を依頼し、所有権移転等の手続きをします。

よくあるご質問

取引きQ&A ご購入編

物件探しについて

現在はインターネットの発達等により、不動産物件の情報は比較的入手しやすくなりました。
一方で、本当に自分の希望条件に合う物件を数ある情報から見つけることが難しい場合もありますし、中には広告される前に買い手がついてしまうものもあります。
おすすめは自分で探すのと並行して信頼できる不動産営業担当に物件探しを依頼することです。多彩な情報チャンネルから物件探しをしてくれるだけでなく、気になった物件についてプロの視点からのアドバイスも受けられます。

各不動産会社は「レインズ」というシステムに不動産情報を登録し情報を共有しています。
したがって窓口を複数にする必要性はそれほどないと言えるでしょう。窓口を複数にするとそれぞれの不動産会社から都度連絡が入り、煩わしさを感じる可能性もあります。
自分の希望をしっかりと汲み取ってくれる営業担当に任せるのが良い物件に出会うための近道ではないでしょうか。

それぞれに良いところがありますので一概にどちらが良いとはいえません。
マンションであれば玄関も含めて非常に段差が少ないものが多く、気密性が高いため冷暖房効率も良い傾向があります。一方で一戸建ては当然建物内に他の居住者がいませんから、階下への気遣いが不要だったり思い通りのリフォームが出来たりといったメリットがあります。
どちらがお客様のライフスタイルにより合うのかが重要になります。

資金計画について

一般的には物件価格の2割が理想と言われていますが、100%ローンをご利用のお客様もいらっしゃいますので、特に決まりがあるわけではありません。
何より借入総額や毎月の返済額と収入のバランスが重要になりますので営業担当または金融機関にご相談ください

不動産の所有者には「固定資産税・都市計画税」が課税されます。この他、マンションの場合は管理費・修繕積立金などが必要となります。また長期的な視点で考えれば修繕・リフォームの費用も考慮しておいた方が良いでしょう。

ご参考までに、下記のような商品があります。

銀行ローン

民間の金融機関でもっとも利用される商品です。特徴として住宅の融資条件が公的融資(住宅金融支援機構など)に比べ比較的緩やかであることです。一方で、借入者本人の返済能力についての審査が厳格でもありますが、各金融機関によって審査の内容は異なります。金利は変動型や一定期間固定型など、さまざまな商品がございます。

生保・信用金庫ローン

銀行以外に生命保険会社や農協、信用金庫などでも住宅ローン商品を取り扱う金融機関ございます。都市銀行系列とは異なった金利体系の商品がございます。

フラット35

フラット35とは、住宅金融支援機構がバックアップしている、民間金融機関の長期固定金利の住宅ローン商品のことです。利用者にとっては、(1)金利が長期固定、(2)返済期間が20~35年、(3)保証料が不要、(4)繰上げ返済手数料が不要、などのメリットがございます。

買換えについて

買換えがうまくいくかいかないか、時間的な問題が一番のポイントとなります。
つまり、売却を先に行う「売却先行」と購入を先に行う「購入先行」のそれぞれのメリット・デメリットを理解した上で、お買換えプランを検討することが重要です。納得のいく売却・購入をするためにも担当にご相談ください。

お客様の状況を判断のうえ、最適なお買換えスケジュールをご提案いたします。
手続きの流れなどの詳細は「買換えの手引き」をご覧ください。

どちらの場合にもメリット・デメリットがあり、一概には言えません。売却先行では資金計画が立てやすい反面、希望に合う物件がなかなか見つからない、仮住まいが必要になるといったケースが考えられます。
一方、購入先行では転居のスケジュールは立てやすいですが、売却が思うように進まない場合、資金繰りを心配する必要がでる可能性があります。
いずれにしてもお買換えプランとスケジュール調整が重要になります。

その他

建物の床面積を測定する際に、壁の厚みの中心線に囲まれた面積を「床面積」とする考え方で測った面積のことをいいます。
これに対して壁の内側で測った面積を内法(うちのり)面積といいます。

契約書に定められた期間内であれば、売主に支払った手付金を放棄して契約を解除することが出来ます。
定められた期間が過ぎた場合、契約を解除するには違約金を支払う事になります。