松本市・安曇野市の不動産のことなら、光和不動産

不動産売却の第一歩は、その不動産の査定価格を知ることから始まります。その査定価格を知るうえで不動産の調査は必須です。 特に、目に見えない部分の調査が重要です、例えば、土地、建物等の権利関係、建築基準法および都市計画法に関する法令上の制限の調査は欠かせません。さらに、周辺不動産市況を把握するために、同じ地域における現在の売出事例や、近隣の成約事例等の調査を行い、高度な業務知識でお客様の不動産を調査いたします。

調査内容は以下のとおりです。

現地調査

実際に目で見て査定対象不動産の状況を確認します。 内容としては、隣接地からの越境物、(例えば敷地内に境界を越えて入ってきている木の枝など)はないか、間口は十分に確保できているか、境界標の有無、道路との高低差、建物の内外部の状況等です。

役所調査

用途地域の確認、建築基準法や都市計画法に関する法令上の制限、公道・私道など道路の種類や幅員、電気・上下水道・ガス等、生活関連施設の設備の状況などを確認いたします。

法務局調査

登記事項証明書をもとに、土地、建物等の権利関係、地目、地積、隣接土地の所有者等の確認を行い、公図や地積測量図などをもとに、隣地および道路との境界、接道状況等の確認をします。また建物図面をもとに、付属建物・未登記建物の有無等について、確認を行います。

市場調査

周辺の売出物件の調査 物件の種別や地域、面積、間取など類似する売出中の物件を調査して、売出価格の相場を確認いたします。 (例:対象不動産の条件に近い売出物件の状況把握、その物件の売出期間など)
周辺の成約物件の事例 実際の成約事例を調査し、成約見込み価格を検証します。 以上の項目に関する調査の結果および情報をもとに不動産の査定価格およびご売却方法などについて、提案をさせていただきます。