松本市・安曇野市の不動産のことなら、光和不動産

大型道路の計画はないか?

用途地域以外にも、周辺地区の将来を予測するために知っておきたい情報はありませんか?道路の新設・拡幅計画や区画整理事業等です。

物件が公共スペースの予定地になっている場合、建物の大きさや構造に制限があったり、最終的には立ち退からなければならない可能性もあります。

大型道路の予定地ではないが隣接している、となれば、立ち退きは不要ですが、住環境は大きく変わってしまいます。

また、新たな鉄道路線や新駅が計画されている場合も、新設後に周辺エリアの相場が変化したり、交通の流れが変わったり、バス便が減ったりと、さまざまな影響が予想されます。
fc847955

都市計画図で町の未来図を確認

物件チラシに「計画道路あり」という場合には、まさにこうしたケースを予想しなくてはなりません。

計画道路や河川の改修工事計画、公共施設の新設計画等は、その地区の「都市計画図」を見ればわかります。不動産会社にその内容や進み具合を確認するとともに、詳細の内容、少し離れたエリアの様子を知るためにも、自分で役所の都市計画課等の部署へ行き閲覧しましょう。

ただし、都市計画図には、実際には行われないような古い計画も記載されています。そのエリアで物件購入を考えているといえば、役所の担当者が丁寧に対応してくれます。

スライド1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>