松本市・安曇野市の不動産のことなら、光和不動産

環境によって建物の高さや用途に制限

自分の足で現状の周辺環境を確認しただけでは、分からないことがあります。それは、「この先、近隣がどう変化するのか」という将来環境です。それを知る一つの目安となるのが、建物が立地している場所の法律上の土地区分です。

住宅が建てられるのは、「都市計画法」で「市街化区域」に指定されたエリア。市街化を抑制すべきエリアの「市街化調整区域」には一般の住宅等は建てられないことになっています。

さらに市街化区域は、「用途地域」に分類されます。これは機能的な街づくりのために、エリアごとに建築できる建物の種類、用途の制限を定めたもので、住居系・商業系・工業系の3つに分類されます。
Check

役所で確認できる

例えば、物件が「中高層住居専用地域」にあると、今は近隣が一戸建てばかりでも、いずれはお隣にビルが建ってしまう可能性があります。

住環境を考えるのなら、用途地域が「低層住居専用地域」の物件を選ぶのがいいです。

また、物件のある場所の用途地域も確認しておくこと。道路1本向うが「近隣商業地域」「準工業地域」で、すぐ近隣に騒音の出る施設が建ってしまうことがあるからです。

用途地域は物件チラシにも載っていることが多いですが、営業担当者に周辺の用途地域を含め確認しましょう。用途地域は、役所の都市計画課等に電話をして教えてもらいましょう。

光和不動産

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>