松本市・安曇野市の不動産のことなら、光和不動産

アパート・マンションを建てよう

-3%20~1土地活用では、アパート・マンション等の賃貸住宅が標準的といえます。なぜなら、アパート等の住宅建設は、税制面または金融面での優遇策がとられていつからです。

税制面・・・固定資産税額や不動産所得税または相続税において、 その評価等で軽減措置が講じられています。

金融面・・・低い金利が設定されている。

このような優遇された状況にありますが、採算がとれるかどうかが最も肝心ですので、建設等を含めて、充分に検討することが大切です。

土地を宅地に賃貸

手続の流れ土地の宅地に対する賃貸借は、借地法の法定更新(ほとんどの場合、一度貸してしまうと、自動更新となり、戻ってこない)の規定もあって、ほとんど利用されていません。

しかし、平成4年に借地借家法が施行されて、宅地の供給対策として定期借地権の制限が新設されました。この定期借地権はこれまでの借地と異なり、一定期間後には地主に戻ってくるというものです。この契約は一定の方式により定めなければなりません。

駐車場として土地を賃貸

土地を駐車場にすることは、比較的、不動産の活用としては投資が少なくすみます。その分の収益は少なくなります。

また、宅地用に不動産を貸すことと異なり、借地借家法の適用を受けないので、契約に従い返還してもらうことができます。

ただし、駐車場のニーズは車の台数等に影響されます。簡単にできることから、過当競争となっている地域では、賃料も低く設定せざる得えません。採算を考えて駐車場にするかどうかを決めるべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>