松本市・安曇野市の不動産のことなら、光和不動産

家族や収入の変化、転勤や転職等によって、住む家を替える場合は、持ち家をどうするかを考えなければいけません。状況によって方法は違いますが、主に3つの選択肢があります。「売却」「空家として維持」「賃貸に出す」の3つです。
自分に合った方法を選択することが大切ですが、それぞれにメリット・デメリットがあることを忘れてはいけません。
house-10377-400x400

売却

建物を維持する必要がないので精神的に楽にはなりますが、住宅ローンが残っていると、残債を清算しなければいけません。また、ちゃんとした査定で物件の売却価格を見極めなければいけません。

メリット

●保有することで発生する費用が掛からない(固定資産税や維持費等)。
●建物の維持やリフォームの手間が掛からない。

デメリット

●住宅ローンを一気に清算しなければいけない。
●売却をするために手数料や登記費用等が掛かる。

空家として維持

自分の別宅として使用できますが建物の劣化や防犯上の不安があります。またある程度の維持費が必要ということを考えなければいけません。

メリット

●持ち家にいつでも戻れる安心感がある。
●不動産という資産を保有出来る。

デメリット

●管理会社等に定期的な管理を依頼する必要がある。
●防犯上の不安がある。
●保有することで費用が掛かる(固定資産税や維持費等)。

賃貸に出す

家賃収入はありますが、逆に空家や家賃滞納の不安があります。

メリット

●家賃収入がある。
●不動産という資産を保有出来る。

デメリット

●入居者のトラブルが発生する(家賃滞納等)。
●空家の期間が長く、収入がない可能性がある。
●建物や設備が劣化による故障で修繕費が発生する。
●確定申告、賃貸経営の手間が掛かる。
●保有することで費用が掛かる(固定資産税や維持費等)。

7f6ca5597e848855bf8f449d84a81eba

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>