松本市・安曇野市の不動産のことなら、光和不動産

人生の中で、「家を買う」というのは大きな買い物です。また、住み心地によっては生活の環境が大きく左右されます。「買ってよかった」と思いたくはありませんか?理想の家を実現する方法の1つが注文住宅です。
日本の住宅地の地価は、三大都市(東京・大阪・名古屋)を中心に上昇していますが、地方でも地方四市(札幌市・仙台市・広島市・福岡市)が上昇の勢いを増しているそうです。家を建てるハードルが高くなる中、狭い土地に工夫をこしらえて快適な居住住宅を造りませんか?

狭小住宅とは?・・・一般的に約15坪以下の土地に建てられた住宅。

狭小住宅 メリット

●小さな土地で住宅が建つ
購入する土地面積を小さく抑えることで、購入費用を安く抑えることが出来ます。これは大きなメリットがあります。

●費用を抑えることが出来る
狭小住宅ということは、建築面積が狭くなります。建築面積が狭いということは、大きな住宅を建てられないので、その分建築費用が安くなるということです。
家を建てるということは、その設計が法令に合致しているか審査を受けたり、完成すれば登記を行ったり、それぞれの手続きに費用が必要になります。建築後にかかる固定資産税や都市計画税等の税金は、土地面積によっては安く済ませることが出来ます。

●デザイン性の高い家を造れる
限られた敷地内に住み心地のいい家を建てるためには、執行会社と相談をして設計にさまざまな工夫を盛り込むことです。
三大都市の狭小住宅では、買主の趣向をこらした家やデザイン性の高い家等をよく見ることがあります。
062-realestate-illustration

狭小住宅 デメリット

●費用が高くなる場合がある
狭小住宅は、空間を有効活用する為にさまざまな工夫が必要なので、建築費用が高くなる場合があります(上階や地下室の設計等)。設計については、予算配分を考えながら慎重に検討しましょう。

●近隣住宅や道路の距離
特に都会の場合、近隣の住宅や道路との距離が近いこと大半なので、防音や遮音の対策は欠かせません。
もちろん自分達が出す音が近隣に迷惑が掛からないようにしなければいけませんが、逆に、近隣から意図せずに響いてくる音や車の音が気になることがあるかもしれません。その対策として、防音効果のある資材を活用する方法があります。

●資産価値は低い
狭小住宅は一般的に普通の一戸建てと比べて、家の快適性を妥協して造る面があるので、売ろうとしても魅力的に見えることはあまりありません。

421-realestate-illustration

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>