松本市・安曇野市の不動産のことなら、光和不動産

雪山

あらすじ

昔、山奥の村に猟師の若者とその父親が住んでいました。
ある冬、若者と父親は山へ猟へ出かけました。どんどん山奥へ入っていくと、やがて雪が降り始めてきたのです。次第に激しい吹雪になったので、2人は山小屋で一晩過ごすことにしました。囲炉裏に火を点けて冷えた体を温めると、すぐに眠りこんでしまいました。
バンッ
風の勢いで戸が開き、雪が舞い込んできます。
あまりの寒さに目を覚ました若者は、人影を見たのです。
「誰じゃ?」
そこにいたのは、白い着物を着た若く美しい女だったのです。
女は眠っている父親の顔に白い息を吹きかけました。すると、父親の体がどんどん凍っていきました。
「ゆ、雪女じゃ!」
やがて雪女は、若者のほうへ近づくとこう言いました。
「お前はまだ若いので、命だけは助けてあげよう。だが、今夜の事を誰にも話してはいけない」
そう言うと、雪女は小屋の中から消えていきました。
恐怖で固まった若者は、そのまま気を失ってしまいました。朝になると、父親は冷たく息を引き取っていたのです。

???????????????????????????????

それから1年がたったある吹雪の夜、1人の美しい女が若者の家へ一晩の宿を求めてきました。女の名前はお雪といい、若者と身の上話をするうちに次第に打ち解けていきました。話を聞くと、お雪は身寄りがなく行くところがないと知った若者は、嫁になって欲しいと頼みました。
こうして2人は夫婦になって、5人の子供に恵まれて幸せな日々を過ごしました。
そんなある冬の夜、子供達が床につき、酒に酔った若者は父親が亡くなったあの夜の事を話したのです。
「あの時の雪女はお前にそっくりじゃった」
そう言うと、お雪は悲しそうに若者を見つめました。
「とうとう話してしまいましたね・・・」
お雪の着物が白く変わっていきます。
「どうしたんじゃ、お雪?」
「私があの時の雪女です。あの夜の事を話されてしまったからには、もうここにはいられません。あなたの事はいつまでも忘れません。どうか子供達をお願いします・・・」
そう言うと、
ガタ
戸が開いて、お雪は吸い込まれるように雪の夜に消えていきました。
若者は外へ出て、何度もお雪の名を呼びましたが、お雪は二度と姿を現すことはありませんでした。

winter04_m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>