松本市・安曇野市の不動産のことなら、光和不動産

建物構造の種類

建物構造にどんな種類があるのでしょうか?代表には4種類あります。

●W造(Wood)・・・木造
●RC造(Reinforced Concrete)・・・鉄筋コンクリート造
●S造(Steel)・・・鉄骨造
●SRC造(Steel Reinforced Concrete)・・・ 鉄筋鉄骨コンクリート造

 

アパートとマンションの構造を大きく分けると、
●アパート・・・木造、軽量鉄骨
●マンション・・・RC、SRC、重量鉄骨
になります。
無題

【W造(木造)】

W造(木造)は、木材を用いてられて造られた物件のことをいいます。鉄と比べて加工が容易なので設計の自由度が高いですが、柱と梁の本数が多くなってしまうため間取りに制限がでてきてしまうことが難点です。建築費はRC造とS造に比べて安く、解体費も他の工法より安いです。
日本では主流な工法と思われます。現在も多くの建築に使われています。

【RC造(鉄筋コンクリート造)】

Reinforced Concreteの略。直訳すると「補強されたコンクリート」。主に柱や梁、床、壁が鉄筋とコンクリートで構成されていて、鉄筋を組んだ型枠にコンクリートを流し込んで固めたものを指します。
引張りに強い丸棒鋼と圧縮に強いコンクリートを組み合わせた構造材料。
◎鉄筋・・・張引力には強いが、熱に弱く錆びやすい。
◎コンクリート・・・張引力には弱いが、熱に強い。
鉄筋とコンクリートそれぞれの短所を補うことで、様々なメリットを生み出しています。
建築費と解体費は高く、建物も重いため、それなりの地盤改良や杭打ちが必要になります。

【S造(鉄骨造)】

Sはスチールの略。S造(鉄骨造)は、強度を高めた鉄骨を柱や梁等骨組みに使用した構造のことをいいます。木造の柱が部分が鉄になったことをイメージすれば分かりやすいと思います。
S造には“軽量鉄骨”と“重量鉄骨”の2種類があります。
◎軽量鉄骨・・・鋼材の厚みが6mm未満。一般住宅や小規模建築物等に使われている。
◎重量鉄骨・・・鋼材の厚みが6mm以上。ビルや高層マンション等の大規模建築に使われている。

【SRC造(鉄筋鉄骨コンクリート造)】

SRC造(鉄筋鉄骨コンクリート造)は、鉄骨の柱の周りをコンクリートで固めていく工法です。大型マンションやビル等の大規模建築に多く使われています。RC造より耐久性が高い構造といわれています。

【その他】

◎RS造
Reinforced Steelの略。建物の下位部分にある柱、壁、床、天井等をRCで造り、その上部の架構部分をS造等異なる構造で建築された建物のことをいいます。主に低中層マンションの建設に使われています。

◎WRC造
柱と梁を使わず、壁、床、天井の面だけで建物を支える工法です(壁式構造)。箱を積み重ねることをイメージすれば分かりやすいと思います。主に低中層マンションの建設に使われています。壁の強度が高く、遮音性もあります。

699-realestate-illustration

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>