松本市・安曇野市の不動産のことなら、光和不動産

不動産で発生する隣人トラブルは多いですが、対応が難しいものの1つに「隣地から越境(敷地からはみ出している)樹木」のトラブルがあります。
マンション・アパートではバルコニーとベランダ、一戸建てでは庭の状態で入居動機のポイントになることがあります。そこに隣地に植えられた樹木からの落葉や虫の害があるような状態では、トラブルになる可能性もあります。
ですが、だからといって勝手に切ってはいけません。

隣地からの越境樹木は切っても大丈夫なのか?

結論から言いますと、所有者の手によって切除させることが出来ます。
越境樹木の対応については、民法第233条に規定されています。

民法 第233条(竹木の枝の切除及び根の切取り)

・ 隣地の竹木の枝が境界線を越えるときは、その竹木の所有者に、その枝を切除させることができる。
・隣地の竹木の根が境界線を越えるときは、その根を切り取ることができる。

無題
隣地の樹木の根部分が越境している場合は、自身の判断で切り取ることが出来るそうですが、枝の場合は、勝手に切ってはいけません。 ですが、根でも勝手に切ってしまっては、問題がないわけではありません。
例えば、根を勝手に切った結果、樹木が枯れてしまうことがあります。そうなると、器物損壊で告訴されたり、民事上の損害賠償を請求される可能性があります。
事前に、隣地の住民に同意をもらう必要があります。

m_f_leaf1270枝の越境に関する対処法

隣地から越境してくるのはほとんどが枝の部分だと思います。
こちらは、樹の所有者に切ってもらうように依頼するしかありません。勝手に切ってしまうと、上記のように器物損壊で告訴されたり、民事上の損害賠償を請求される可能性があります。また、樹木の枝が越境していても、なんでも「切って下さい」と木の所有者に要求できるわけではありません。つまり、民法 第233条に規定されていても、越境している枝によって明確な被害を追っていない場合は請求できないというわけです。
枝の切除を所有者に求められる被害は以下のようなものがあります。
・落葉のせいで、バルコニーの排水口が詰まってしまう。
・落葉のせいで、建物が腐食するなど劣化被害がある。
・枝に虫が大量についていて、害虫の被害がある。

このような被害がある場合は、樹の所有者に対して越境している枝を切ってもらうように請求することが出来ます。
(あくまで請求出来るだけで、勝手に切ってはいけません。)

leaf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>