松本市・安曇野市の不動産のことなら、光和不動産

シンプルにまとめました。

①予算を決める

最初に大切なのは、総額いくらまでなら出せるかをはっきりすることです。
「土地の購入」+「家の建築」の2つ段階があるからです。土地の条件や建築工事のスケジュール、または、住宅ローンの借り方によっては費用が大きく変わります。
「現金」で全額支払える方もいますが、一般的には「住宅ローン」を組むことが多いです。住宅ローンは自分がどれくらい借りれるかを知ることも大切ですし、生涯の中で毎月の返済額がいくら返していけるかを考えなければいけません。
建築を行う会社には、全体的なスケジュールや資金計画を相談できる会社もあるので、建築会社を最初に決めて相談しながら土地を探すのも1つの方法です。

②土地を探す

624-free-realestate
建替えの場合は不要です。

建物・間取りの設計

具体的に建てたい「マイホーム」のイメージを決めます。その上で建物の設計を建築会社と相談しましょう。

間取りのポイント

・家族構成
・リビング、ダイニングの広さ
・いくつ部屋が必要か?
・敷地に車を何台駐車できるか?
・庭やバルコニーは必要か?

設備や建物のポイント

・外壁の仕様や形状は?
・断熱性能(外断熱等)について
・家の素材は?
・台所、浴室、トイレの設備は?

建築請負契約

建物のプランが固まったら施行の「請負契約」を致します。契約の際に「工事請負契約書」「工事請負契約締結書」「見積書」「設計図書」の4つの書類が渡されます。

建築確認申請

いよいよ工事に入りますが、その前に建物プランが建築基準法等の法令に違反していないか、建築会社が行政や民間の指定確認検査機関に建築確認の申請をして確認審査を受けます。建築確認済証の交付を受けなければ建築工事に着工することが出来ません。

fa401bldg001

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>