松本市・安曇野市の不動産のことなら、光和不動産

近年、賃貸物件で空室が目立つようになっています。
日本の人口が2010年から減少していることも原因の1つとして考えられます。266
ここで空室対策をしてみてはいかがでしょうか?
例えば、下記のような入居の条件緩和(入居促進)をしてみてはいかがでしょうか?

入居者の条件緩和

外国人 入居OK

日本は外国人入居可能の賃貸物件は少ないです。その理由は大家さんから、「言葉が通じない」「マナーの問題」「習慣の違い」「帰国による家賃滞納、残留物の心配」等と不安の声があるからです。しかし、これらは外国人に限った問題ではありません。お客様をしっかり「入居審査」をして、入居中に問題があれば注意をしていくことで大半は問題ないのではありませんか?
また、「家賃滞納」のリスクは家賃保証会社へ加入することを入居の条件にすれば心配もありません。
家賃保証会社
無題

ウィークリー・マンスリーマンション

ウィークリー・マンスリーマンション・・・短期間(1週間、数ヶ月程度)の滞在を目的としたマンション。
ウィークリー・マンスリーマンションはTV・ベット・冷蔵庫・洗濯機等の生活必需品の設備を整えています。その為、敷金・礼金を不要で、通常の月額家賃の日割り額と比較しても家賃は高めの設定が可能です。

ペットOK

マンション・アパートをペット可にするには現入居者の許可が要るのはもちろん、ペットによるトラブルや損害を想定しなければいけません。その為、高めの家賃設定、多めの敷金預かりが可能になります。また、ペット可の賃貸物件への入居者は契約時にペット規約をしっかり説明したことで、入居中のトラブル、退去後の原状回復に理解があります。

こちらも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>