松本市・安曇野市の不動産のことなら、光和不動産

マンションの1室やアパート1棟の他に、戸建て住宅を購入して賃貸したり、マンションを1棟買って賃料を得るという不動産投資もあります。ただし、これはもともと土地を所有している方や資産のある方、不動産投資を経験して充分な知識がある方等でなければ、難しい面があります。まず、それぞれの利点・欠点を理解した上で、充分な知識を得てから取り組みましょう。

収益をあまり望めない戸建て

戸建ての住宅でも、比較的少額で投資が出来る物件はあります。ただし、戸建ての場合はほとんどが木造住宅のため、鉄骨のマンションに比べると建物の老朽化が進みやすいという欠点があります。特に中古や安価な物件は、建物の構造や経年劣化の度合いをよく確認しなければなりません。また、古い戸建て住宅は違法建築や旧建築基準に基づいて建てられたものが多いため、建物が老朽化しても立て直しが難しいケースがあります。家族系を対象にするには、家賃の価格次第で長期入居の可能性がありますが、一戸建ての建築費用が高いため、収益性は比較的低くなります。

資産が無ければ、購入・管理・運営は難しい

マンション1棟を管理・運営する場合は、部屋数が多いので空室のリスクがあります。管理・運営を一括しているので、どのような方が入居するのか確認出来ます。ですが、購入金額が大きいので初期投資も高額になり、初心者には手が出せません。更に、1棟全体の修繕費も掛かるので非常に高額になります。また、物件を売りたいと思っても、販売価格によって購入者が見つかるまで時間が掛かります。ですので、マンション1棟は、まとまった資産のある方や不動産投資に慣れている方でなければ難しいです。

こんな投資も・・・148-6e4da

アパート1棟と土地を購入して、その賃貸収入でローンを返済しつつ、収益を上げる投資方法です。アパートの規模にもよりますが、初期投資は比較的大きいため、ある程度の自己資金の用意が必要です。

空室リスクを分散することができます。

一般的なアパートの場合は、部屋数が4~7室程あるため、1室が空室になっても他の部屋からの家賃収入で損失を補うことが出来ます。このように空室のリスクが分散されるため、収支が安定しやすい特徴があります。
また、不動産会社を所有しない人がアパートに投資する場合は土地も同時に購入するため、アパートの減価償却を終えてからも、最終的に土地が残るという点が大きなメリットになります。ただし、初期投資は比較的大きくなるため、誰もが気軽に始められるというわけではありません。信頼できるパートーナー企業と相談し、よく検討されてから始めることをおすすめします。

apart05

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>