松本市・安曇野市の不動産のことなら、光和不動産

シェアハウスは若者だけじゃない

シェアハウスを利用するのは若者だけではありません。
最近は、一軒家を借りたり古民家をリノベーションしてシェアハウスにする場合があります。その中には、1人暮らしの高齢者が共同生活を営むシェアハウスも出てきているそうです。
シニア世代が支え合いながら生活を共にする「ルームシェア」、「シェアハウス」という形があります。それぞれが出来る範囲で家事を分担し、自然と入居者同士が交流が生まれることで認知症対策にも繋がると、利用者に好評だそうです。

誰かといる心地よさを感じてみませんか?

「おはよう」「おやすみ」「ただいま」「おかえり」
51SC23XRPML
1人暮らしの寂しさ・不安から解消される暮らしをしてみませんか?
普段、一緒にいる相手ではないからこそ、話せることもあります。少しでも日々のことを話すだけでも新しい何かがあるかもしれません。現在の高齢者は、「自宅に住む」か「施設に入る」か等の選択肢がありますが、「1人で自宅に住む」ということになると、話し相手がいないのでコミュニケーションがとれず、生活が活性化しないので身体的な機能がおちてしまい、
最終的には「施設に入る」という選択になります。日常的に体を動かすことは、認知症予防や身体的機能の低下予防にも繋がります。
施設に入ると、多くのサービスを受けられますが、それだけではカバーできない問題もあります。体は元気でもなんとなく不安な日々を過ごしている人、日々孤独を感じている人等、問題は様々です。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>