松本市・安曇野市の不動産のことなら、光和不動産

ここ最近、「シェアハウス」という居住スタイルが社会人だけでなく、学生の間でも知られるようになりました。moomin1

シェアハウス・・・自分の個室以外のリビングや台所、お風呂やトイレ等を共有する共同生活のこと。

光熱費が家賃に入っている等のお得な条件から、社会人の中にも入居を考えている方もいるそうです。
ですが、他人との共同生活とは、実際にどんな感じでしょうか?定員数や年齢層、普段の雰囲気まで物件によって異なります。
「寮生活の様にみんなでわいわい出来る」等というイメージもありますが、共同生活での不満があるそうです。

メリット

費用が安くなる

シェアハウスでは、光熱費やインターネット代が家賃に組み込まれていることが多いため、都心でも1人暮らしに比べて月々の生活費が安く抑えることが出来ます。

家具・家電付

生活を始めるために家具・家電を1から揃えると約10万円は掛かります。シェアハウスでは、個室にはベットや収納家具、冷蔵庫や洗濯機等の最低限のものが付いていることが多いです。細かいところでは、キッチン用品やバス用品等も揃っている場合もあります。つまり、トランク1つで入居し、退去時も荷物の処理を考えなくて済むので非常に簡単なのです。

困った時に助け合う

あ22
風邪で寝込んでいる時に薬や食事等を差し入れてくれたり、道具が必要になった時に貸し借りが出来るので、隣人がいるからこその温かみがあります。

デメリット

苦手の人物がいる可能性も

不特定多数の人が集まって共同生活をするのですから、気の合う人ばかりというわけではありません。苦手な人と部屋が近かったりすると、顔を合わせる機会が増えるのです。入居の際は、いろんな人がいるという意識を持つことが賢明です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>