松本市・安曇野市の不動産のことなら、光和不動産

土地を有効活用するにはいろいろな方法がありますが、遊休地を有効活用する一番に考えられるのは「駐車場経営」ではないでしょうか?運用出来る予算が少なく、賃貸住宅は大変なので、ある程度のリスクは避けて駐車場を経営するというケースがあります。または、土地や建物を代々、子や親族で受け継がれて毎月安定した収入を得るために、賃貸住宅を経営するケースもあります。どちらにするかは個々によりますが、その土地に合った活用方法と生活設計等を考慮しなければいけません。

手軽に出来る駐車場経営

駐車場の規模には多種多様です。更地に区切り線を引いただけのもの、街中で見かける有料駐車場、駐車場ビル、管理人が常駐した駐車場等と経営形態にも様々なスタイルがあります。
駐車場経営のメリットは、一定の土地の広さと使える予算の範囲内であれば手軽に経営出来ることと、失敗してもリスクは小さいことです。ですが、規模が大きければそれに見合った売り上げがある分建設費も増額するので、必然的にリスクが大きくなります。
また、駐車場を経営する背景の1つに相続税対策があります。相続をして相続税を払うのに、課税遺産総額が大きくなって手元にお金が用意出来ない場合があります。このような時に、更地や駐車場は換金しやすいので、相続対策として駐車場を経営する方が多く見られます。

resize駐車場に向き・不向きな土地

駐車場の運用には「駐車場法」「駐車場法施行令」が適用され、建築については用途制限をはじめ「建築基準法」に基づいて行われます。
ここで、駐車場経営する立地条件は、一般的に考えられるのが、
・車や人の往来が多い
・車が路上に多く止められている
・周辺に集落施設がある
・車庫のないアパート、マンションが建っている
・敷地に接する道路の幅が十分にあって、車の出入りがスムーズに出来る
等と、条件が揃っている土地であればスムーズに駐車場経営が出来ます。
ですが、駐車場の規模によって条件が違ってきます。立体駐車場の様に大規模になると、車の通行量(曜日・時間帯)、マーケットのお客数を調べて計画を立てる必要があります。
次に駐車場の建設費用ですが、更地に区切り線を引く程度でしたら特に掛かりませんが、有料駐車場は料金を取る以上、そうはいかないので外灯を設置して、アスファルト、コンクリート舗装をする工事費として、1台当たり約10~20万円が必要になります。駐車台数が多ければスケールメリットがあります。
近年では、無人の有料駐車場が小さな土地で開業出来ることから全国的に広がっています。地主から土地を期限付きで貸りて、月極駐車場にして毎月決められた地代を得る形もあります。土地代は「1台×1ヶ月×台数」で計算をします。

両者のメリットは・・・

駐車場経営
・安定した収入がある
・経営が難しくない
・運用予算が少ない
・遊休地に有効活用
・転用や売却がスムーズに出来る
・相続税対策に有効

賃貸住宅経営
・長期的な安定収入
・相続対策税に有効
・固定資産税、所得税、住民税が軽減

無題

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>