松本市・安曇野市の不動産のことなら、光和不動産

家賃交渉が出来る物件、出来ない物件

家賃交渉は全ての物件で出来るわけではありません。交渉が出来る物件で必要になるのは、その物件のマイナスポイントです。交渉前に、その物件のマイナスポイントを調査や検討をして抑えておけば、家賃交渉をする時に有利に進めることが出来ます。
ですが、家賃を下げなくても入居がつく可能性がある物件は、大家さんは簡単に譲歩してくれません。そういう物件は家賃交渉が出来ない物件といえます。

「マイナスポイント」を見つけるvarious-7

築年数が7~10年程度

約7~10年程度の築年数の物件は良くも悪くも中途半端です。
最近は、賃貸物件のグレードが上がってきています。例えば、木造アパートにも、モニター付インターホンが装備されていることがあります。その為、築年数が7年以上経過している物件は、現在の設備面で見劣りしています。また、大家さん側からすれば、築年数が約7~10年程度では、設備を新しいものに変えるのはもったいない考えるでしょうし、7年~10年程度なら新築当時の家賃からあまり下落していないことがおおいので、交渉の余地はあります。

低階層の物件

低階層にある物件、特に1階の部屋は泥棒や覗き等の防犯上の問題、車の通りが多い道後沿いの物件なら騒音問題等多くのマイナスポイントがあります。
女性は特に1階の部屋を嫌うので、家賃の交渉が出来る可能性は高いです。

複数の空室がある物件

インターネットで見てみると、同じ建物の物件を見ることがあります。複数の仲介業者が同じ部屋を紹介していることがありますが、同じ建物で違う部屋を紹介している場合もあります。このような物件はいくつかの部屋が空室であるということが分かるので、家賃交渉には大きな材料になります。

最寄りの公共交通機関が「バス」

交通の欄にバス停を記載せず、駅から15~20分と書かれている物件は他の交通手段がないということなので、家賃が交渉出来る可能性は高いです。また、あくまでバスというのは駅に比べると交通利便性が高いとはいえないので、家賃交渉の材料になります。

敷金・礼金がゼロ

敷金・礼金は、大家さんにとっては大切なことです。それがゼロということは、他の物件に比べて優位性が乏しいと見ていいでしょう。その為、敷金・礼金をゼロにしているので、交渉の余地があるかもしれません。

manekineko_adlt_shiro

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>