松本市・安曇野市の不動産のことなら、光和不動産

RC、S、SRC??なんのこっちゃ

pics1747

インターネットや無料住宅情報誌などでさまざまな賃貸住宅(マンション・アパート)の構造、間取り、広さなどについて表記されていると思いますが、この表記されている意味については一般の方は意外と知らないことが多いと思います。

「鉄骨だからここは安心」なんて言っても実際その種類は様々で、構造によっては地震に弱かったり、騒音に悩まされたりするものです。物件の築年数よりも構造のが大事!という担当者もいるくらい実は建物の構造って重要なんです。




こんなにある建物の構造

  • 木造
  • RC造(鉄筋コンクリート造)
  • S造(鉄骨造)
  • SRC造(鉄骨鉄筋コンクリート造)
  • 軽量鉄骨造
  • ALC造

略号が多くて、予習せずにこれらを見ても、何が何だかさっぱりということになってしまいます。ひとつひとつ解説しますのであわてずに。

本来、構造形式というのは、建物の構造体が主に何で出来ているかを示しています。具体的に言えば、柱と梁です。壁で屋根を支えている建物もあるにはありますが、賃貸住宅を探す際には忘れてかまいません。いいですか、柱と梁。壁は何で出来ているのかわからない、ということは頭に留めておいてください。ちなみに、基礎は構造形式にかかわらず鉄筋コンクリートで出来ています。

つまり、木造というのは柱と梁が木で出来ているということを示しています。RC造は鉄筋コンクリートで、S造は鉄骨でできており、SRCは鉄筋コンクリートの中に、芯材として鉄骨が入っています。それぞれの略号の意味は、以下のようになります。

  • RC ・・・鉄筋コンクリート造。Reinforced Concreteの略。直訳すると補強されたコンクリート。コンクリートは引張られると弱いので、引張る力に強い鉄筋で補強してある、という意味です。
  • S ・・・鉄骨造。Steelの略。H型鋼(断面がH字の形だから)や鋼管(柱のみ)で出来ています。
  • SRC・・・鉄骨鉄筋コンクリート造。上記二つの合わせ技。S造でつくった柱・梁を、鉄筋コンクリートで覆っています。

ちなみにほったらかしにしている軽量鉄骨とALCですが、まず軽量鉄骨というのは、文字通り軽い鉄骨です。○○kgより軽かったら軽量鉄骨、というような決まりはないのですが、細い分弱いのでせいぜい3階建てが限度です。いわゆるハウスメーカーがつくったアパートというイメージを持ってもらえれば十分です。

一方、ALCというのは柱や梁に使うものではありません。ですから、「構造形式:ALC」と書いてあったら、それだけでツッコミどころになります。ALCとはAutoclaved Light-weight Concreteの略で、軽量気泡コンクリートと訳されます。詳しくは割愛しますが、要するにパネル、つまり壁材です。普通は柱と梁は鉄骨で出来ているのでS造と書くべきところなのです。

どれを選べばいいの?

さて、この中からどれを選べばいいのか。結論から言ってしまうと、賃貸住宅としての価値は下記の順になります。

SRC>RC>>>(越えられない壁)>>>S造>(マンションとアパートの壁)>軽量鉄骨>木造

分譲住宅では、SRC、RC以外の構造形式がとられることはほとんどない、という事実だけとっても(越えられない壁)の存在は明らかです。建物の規模によって構造形式が異なるのは当然ですが、それを切り離して見ても軽量鉄骨や木造のグレードがRC、SRCを超えることは極めて稀です。

S造の建物が集合住宅にあまり向かない理由としては、例えば地震の時の揺れが大きい(危険度が高いというわけではありません。変形が大きいという意味です)などもありますが、遮音性(音漏れ)や気密性(例えばエアコンの効き具合)の問題が大きいのです。

柱と梁が鉄骨で出来ているS造ですが、当然ながら壁や床は鉄で出来ていません。床はコンクリートを流し込めるので、それなりの遮音性・気密性を得ることが出来ますが、壁、特に外壁は先述のALCや押出成形セメント板(通称アスロック)その他のパネルを吊り下げてあるだけなので、隙間がたくさん出来てしまいます。隣の部屋との間仕切壁と外壁との間、梁と外壁との間といった大きな隙間を埋めるのにはロックウールという綿状の材料を、パネルどうしなどの小さな隙間を埋めるにはシーリング材などを使うのですが、残念ながらコンクリート壁ほどの気密性・遮音性はない上に、古い建物だと劣化したりぽろっと落ちてしまっていたりして、すきま風が吹いたり隣の音が筒抜けとなる原因となります。

仮に、他の条件が全く同じで、S造とRC造の物件を提示された場合は、RC造を見たほうがいいです。。賃貸住宅としてはRC造はS造よりも高くて当たり前なのです。それが同じ値段ということは、S造が不当に高いと言うことになりますので気を付けてください。RC造であるかS造であるかは、外見だけではなかなか判断が付きませんので、しっかりと資料を見てください。

また、同じRC造であっても隣との戸境壁が鉄筋コンクリートであるかどうかによってもまた、大きく気密性・遮音性が変わります。これは、構造形式の欄には表せないので訊いてみるか、訊いてみてもわからない場合は実際に物件を見て壁を叩いてみるほかありません。ボードの軽い音か、コンクリートの重い音かで判断しますが、コンクリートの壁であってもそれにボードが貼り付けてある場合がほとんどですので、なかなか判断は難しいです。

同じくRC造マンションのグレードのはかり方として、外装で見る方法があります。乱暴にいって、打ち放し>タイル貼り>吹き付けタイル。打ち放しとタイルについては好みの問題もありますが。物件を見に行ったらタイルの貼り方をよく見ると、工事のレベルがよくわかります。正面に立って右端と左端のタイルの半端、これが「入っていない」>「同じ大きさで揃えてある」>「バラバラ」の順で高いのは言うまでもありません。窓の周りもよく見てください。ちなみに、1〜2cm幅のほそーいタイルが使ってある場合は要注意。図面通りに施工できてないか、図面の時点でちゃんと検討できていない可能性が高いです。

担当者に遠慮せずに納得いくまで質問

弊社ではもちろんですが、住い選びはご自身で納得のいくまで不明な点は何でも担当者に聞くようにしましょう。

意外に重要!建物の構造」 に1件のコメント

  1. [...] 一棟物件には、木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造などがあります。参考記事 木造、鉄骨造の物件は取得費も日kぅ区、スクラップアンドビルドがしやすい、また耐用年数が短いため償 [...]