松本市・安曇野市の不動産のことなら、光和不動産

無題はじめて1人暮らしをされる方は、「1人暮らしは、お金がかからない」と思いませんか?それは間違いです。1人暮らしには何かとお金がかかります。
すぐに思いつく節約は、やはり食費と光熱費ではないでしょうか?
情報を集めてみると、1人暮らしの食費は約40,000円~45,000円。光熱費は電気・ガス・水道を合算して約10,000円が相場です。
ですが、ただ節約というのは疲れるものです。食費と光熱費以外でも、保険等の見直しをするのもどうでしょうか。月額固定で支払う保険やインターネットプロバイダー料金は常に見直すことがポイントです。

物件選びのコツ

学生マンションや学生会館は、一般向けの物件に比べて3食の食事がプラスされているところがあります。その分費用がかかりますが、家具が備え付けられていたり、節約生活をサポートする機能が充実しています。また、料理が苦手という学生さんにぴったりです。
image

食費の節約

食費は個人差によりますが、食費の節約といえば「自炊」です。外食に行けば、安くても1回500円~1,000円は掛かりませんか?それでは夕食だけでも1ヶ月約25,000円は支出します。ですが、自炊をすれば1回で約200円~300円なので1ヶ月約8,000円、調理の光熱費をいれても約10,000円になります。これだけで10,000円の節約が出来るのです。できるだけ外食を控えて自炊生活にした方が費用も抑えられますし、健康のためにも出来るだけ自炊中心の生活を心掛けていくといいですね。

買い物で節約

コンビニは✕
1人暮らしで心強いのはコンビニですが、節約にはあまり優しくはありません。コンビニの商品は基本的に定価で売られているので、スーパー等を利用することが得策です。
生鮮食品はスーパー、洗剤や台所用品はドラッグストア等でお安く購入出来ます。

 特売、閉店前を狙う
特売・・・スーパーの特売チラシとレシピをチェック。
生鮮食品等は、閉店前に安くなるので、が良ければ5割引きの商品を購入出来ます。また、スーパーに行ったついでに、特売日を確認することも良いでしょう。

安いだけの商品は✕
安さだけを判断基準にすれば、口に合わない食べ物や粗悪な製品を購入して結果的に損をしてしまうこともあります。物を購入する前に、しっかりと吟味しましょう。少し高くても、長く使えれば結果的に経済的です。

2724326266_5a2e68208f

日常生活で節約

電気代
電化製品は、スイッチを切っても少しずつ電力を使用しています。使わない時は、コンセントを抜いておきましょう。

 

冬は衣服で温度調整
冬に暖房を目いっぱいつけていると、電気代が 10,000円以上になります。暖房をつける時は少し肌寒いという時にして、あとはガーディンガンやトレーナーを着て体温調節をしましょう。

お風呂の残り湯で洗濯
「お風呂の残り湯で洗濯をすれば汚れが落ちない」と思うかもしれませんが、残り湯は洗う時だけに使って、すすぎの時に水道の水を使えば汚れが残ることはありません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>