松本市・安曇野市の不動産のことなら、光和不動産

その分家賃を下げてもらう方が得だよ

最近「フリーレント」として募集している賃貸物件を見かけます。「フリーレント」とは、入居後一定期間の家賃が無料になることで、約1~3ヶ月間の家賃無料のケースフリーレントが多いようです。なぜ、このような特典がつけられたのでしょうか?
大家さんからすれば、長く空室が続くことは困ります。入居者を入れるためには、数カ月間無料にしても契約してもらった方がいいのです。もちろん借りる側は、何かと費用がかかる引越時に大きなメリットがあるということは当然です。ただし、このような契約が本当に得なのか、ちょっと立ち止まって考えてみる必要があります。
例えば、
フリーレント2

 

 

 

 

上記の様に、フリーレントより33万円も得をします。どのくらい住むかにもよりますが、契約期間が長くなればなるほど、家賃を下げてもらった方が得をします。
また、フリーレントを設定しているということは、人気がない物件か特定の問題があるということでもあります。念のため、フリーレントにしている理由を確認しましょう。単に周囲に賃貸住宅の空き部屋が多い、需給関係の悪化なのか、賃料が高いのか等理由は様々です。特定の問題とは、隣に変わった入居者が居る、騒音や水漏れの問題がある等こちらも理由は様々です。更には、他の入居者もフリーレントにひかれて入居するのですから、どのような人が集まってくるのかも気になります。
最後に、フリーレントは契約期間が決まっていることが多いので注意しましょう。例えば、「2年以内に解約すると違約金3ヶ月」等と契約で定められているケースが一般的です。フリーレントはを点々と渡り歩くことは出来ないようになっているのです。

fspring03_a24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>