松本市・安曇野市の不動産のことなら、光和不動産

大丈夫!自宅に住みながらその価値を現金化すれば

canstock604806565歳で定年を迎え、年金生活。住宅ローンの支払いも終わっても、年金だけでは生活費が足りない。少し豊かな暮らしがしたいと思った時に、住み慣れた我が家に暮らしながら、安定的・定期的な収入が得られる方法があります。
それは「リバース・モーゲージ」です。自宅を担保にお金を借りるのですが、自分が生きているうちに返済しなくてもいいのです。返済は自信がなくなってから、その売却益等で元金と利息をまかないます。「子孫に美田を残さない」といった考えの方には、最適な仕組みです。まさに、資産を一生で使い切ることが出来ます。
長年住宅ローンを払ってきた自宅に住みながらも生活資金に困る、という状況を解決する手段として、またはより豊かで自由な老後を送る為の方法として知っておいて損はないでしょう。
ですが、このリバース・モーゲージは、1981年に東京都武蔵野市がスタートさせてからいくつかの金融機関等がこれに取り組んでいますが、現時点ではあまり普及していません。なぜなら、これまで我が国の住宅は20~25年程度で価値がゼロになるとされてきたため、土地分にしか融資ができないのです。マンションは建物の割合が高くなるため、ハードルが高くなりがちです。
国は、「新築も持ち家一辺倒」から「中古住宅市場」「リフォーム市場」を伸長さえようと、すでに政策の舵を切っています。将来このリバース・モーゲージは「持ち家」が備える機能として、広く認知されることになるでしょう。
マクロ経済政策としても大いに有効なこの仕組みは、本格的な高齢化社会を迎えつつある昨今、政治家も強い関心を持っており、しばしばマニファスト等で採り上げられています。リバース・モーゲージが当たり前のように利用できるようになるのも時間の問題ではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>