松本市・安曇野市の不動産のことなら、光和不動産

中古住宅にも『お宝物件』はあります

10132105793

中古住宅を査定する場合では、建物についてはあくまで表面的なところしか見ません。最も重要なのは築年数で、あとは大きさや間取りや設備を簡単に見る程度と、業界外の人から見れば非常に大雑把に感じられることでしょう。

価格査定の根拠には、(財)不動産流通近代化センターが作成した「既存住宅価格査定マニュアル」があり、表向きはマニュアルに従って査定を行うことになっていますが、実際の現場では、マニュアル通りの査定は行われていません。節約10~15年で半値、築25~30年程度でほぼゼロになるという感覚でされているのが実情です。


スライド1

このような混淆の住宅市場で、どうやって「お宝住宅」を見つけられるのか。欧米では、中古住宅を購入する際に建物の専門家である「ホームインスペクター(住宅診断士)」が、ひと通りのチェックを行っています。このチェックを「ホームインスペクション(住宅診断)」といいます。
various-7

「ホームインスペクション」とは、住宅に精通したホームインスペクターが、第三者的な立場、また専門家の位置から住宅診断を行うことです。ホームインスペクションを行うことで、住宅の列島具合や欠陥の有無、購入後にかかるメンテナンスやリフォームコスト等について把握しやすくなります。

先進国では、住宅取引を行う際に、第三者のホームインスペクターが建物をチェックするのは常識です。たとえばアメリカでは、州によってばらつきはあるものの、70~90%の割合で、不動産購入前にホームインスペクションが行われているのです。日本でもつい最近、やっと根付き始め、これから常識になろうとしてます。

市場にある中古住宅の品質はバラバラです。住宅について一定の勉強をし、必要根ところは専門家をうまく活用する・・・・・・なら、充分な「お宝物件」を見つけられるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>