松本市・安曇野市の不動産のことなら、光和不動産

これは新潟県のお話です。

あらすじ

昔々、ある村のお堂の前で子供達が遊んでいると、突然強い風が吹いて、
「童子」
見たこともない大きな男がやって来ました。
「誰じゃ、オメェは?」
「もっと遠く行って遊ばねえか?柿や栗がたくさんなっているとこ行かねえか?オラとくればうまいモンがいっぱい食えるど」
「ホ、ホントか!」
こうして子供達はこの不思議な男に付いていくことにしました。男は子供達を背に乗せて、空高く飛び立ちました。
約束の場所に着くと、そこには男が言った通り柿や栗や梨の実がたくさんなっていたそうです。男は風をおこして木になっている実を地面に落としてあげました。
子供達は大喜びで実を食べて遊んで、それは愉快に過ごしました。
やがて日が暮れてくると、
「こりゃいかん!すっかりおそうなってしまった」

男は慌てて、
「童子、オラ大急ぎでよそ行かねえといけねえからお前達だけで家帰れ」
「ええ!オラ達だけで!」
「んだ。そんならオラ行くからな」
そいうと、男は南の空に向かって飛び立ってしまいました。

困った子供達は、暗い山道をとぼとぼとさまよい歩きました。どの方角に村があるのか分からず心細くなりました。
「おっとう、おっかあ!」
「な、泣くな」
どのくらい歩いたでしょうか。
「あ、灯りじゃ!家が見えるぞ!」
林の奥に灯りが見えて、子供達は疲れも忘れて灯りのほうへ駆けて行きました。
家の前に着くと、子供達の中の一番上の子が戸を叩きました。すると、中から大きなお婆さんが出てきました。
「ありゃま。こんな夜更けにどうしただ。ん?」
子供は今までのことをお婆さんに話して聞かせます。すると、お婆さんは笑っていいました。
「そりゃ家の下のほうの息子の南風のあにゃあにちがいねぇ。あの子は気まぐれなのがいけねぇ。さあさ、中にお入り。オラは風の神の親どんだから心配ねぇ」
お婆さんは子供達を中に入れると色々親切にしてくれたので、子供達は一安心でした。温かい食事を食べて体中がポカポカしてきました。
「お腹も満腹したろ。そろそろみんなお家に送ってやるでな。ちょっと北風起こして来っからな」
そういうと、お婆さんは隣の部屋に行きます。
「こりゃ、起きれや」
「何じゃ・・・。もうオラの行く時期かやぁ・・・」
「まだそうでねえが、南風がまた気まぐれ起こして、かわいい童達をほったらかして行ってしまっただ。ちょっくら代わりに送ってくれや」
「何じゃ。まだオラの時期でねえなら、もうちょっと寝かしてくれや」
「コラ、親のいうことが聞けねぇだか!」
隣の部屋から大きな男(北風の神)が出てきました。
「じゃあ童達、ちっとばかし寒いが辛抱してオラの背に乗ってくれや」
北風の神は子供達を乗せて、夜の空を村に向かって飛んで行きました。
村では子供達がいなくなって大騒ぎでした。村に帰った子供達は大喜びで親の元に帰りました。
やがてこの村にも、寒い雪の冬が近づいているのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。